チェストロックLWC

/Lwc

Lwcのコマンドのヘルプを見ます。 Lwcのコマンドのスペルを確かめるときに使用します。

/cprivate /lock

チェストにロックをかけます。本人以外開けることはできません。

※コマンドの後にプレイヤー名を入れると開けられる人を複数人追加することができます。

/cmodify …

/ cprivateの開けられるメンバー等を追加する事ができます。 保護解除する手間が省けます。

※  /cmodify @[Player]   プレイヤーを追加します。

/cmodify g:[Group]   権限グループを追加します。 (PEXでのグループの為使用不可です)

/cmodify –[Player]   プレイヤーを削除します。

/cpublic

自分のつけた鍵を解除します。 ただし鍵を新たにつけるにはオーナー以外できなくなります。

※両扉の内片方に設定すると、片方開くだけで両方開くようになります。

/cremove

鍵を強制解除します。

/cremoveall

すべての鍵を強制解除します。

/cpassword <Password>

パスワードを設定します。 パスワードが分かればだれでも開けられるため、メンバー追加などの設定する必要が省けます。

/cunlock <Password>

/cpassword で設定したパスワードを解除するときに使用します。 このコマンドはログアウトするまで有効です。

/cdonation

誰でも自由にチェストを開けたりアイテムを入れることができますが、オーナー以外取り出すことができなくなります。

※ポストや寄付チェストなどにつけると便利です。

/cpersist

Lwcのコマンドを打ち直さずに連続で設定することができます。

※/cpersistを打ったあとに設定したいコマンドを打ちます。設定解除するにはもう一度/cpersist を打ち込みます。

(例:/cpersistを打ったあとに/cprivate を打ちます。その後チェストを叩くだけで複数に設定できます。)

/cinfo

チェストやドアなどのロックをかけたオーナーの情報やフラグなどを確認することができます。

/climits

現在自分が鍵をつけているチェストやドアなどの個数を確認することができます。

/chopper

ホッパーと接続する(要検証)